コンビニATMで時間外手数料よりカードローンの利息の方が安いですよ!

コンビニって便利ですよ〜。なんでも揃いますから。

しかも、ATMでお金まで引き落とせますからね。昔は銀行に行かないとお金は引き落とせなかったのに・・・。

でも、コンビニATMでお金を引き出す習慣がある人は注意が必要です。

何に注意するのか?それは「時間外手数料」です。

最近は「財布にお金を入れておくと使ってしまうし。」「お金はコンビニで24時間引き出せるし。」といった理由で、財布にあまりお金を入れない人が増えています。

現金を財布に入れておくと、紛失や盗難の恐れもあるという理由もあるようです。

一見すると、賢い方法に思えるかもしれませんが、実はコンビニATM利用者は損している人が多いのが実情です。

というのも、仕事帰りにコンビニに立ち寄ってATMでお金を下ろす時間って、時間外手数料がかかる時間帯になっていることが多いからです。

時間外手数料はその時間や土日祝日などにもよりますが、2016年現在では108〜216円も取られます。(8円と16円は消費税です。)

たった1万円だけ引き落としても、108〜216円の手数料を取られてしまうのです。。

「100円ならいいや」「200円くらいどうってことない」と思うかもしれませんが、これが月4回だとすると、月間432〜864円もの手数料を取られていることになります。

12ヶ月なら年間5,184〜10,368円もの手数料をコツコツと払うことになっているのです・・・。

まさに、「塵も積もれば山となる」ですが、これってマイナスの山ですからね・・・。

時間外手数料がかかる時間帯(夕方以降や深夜帯)や曜日(土日祝日)にコンビニATMでお金を引き落とすくらいなら、カードローンを利用した方がお得です。

実際、賢い人はこの方法でお金を24時間引き出しています。

たとえば、仕事帰りに突然、飲み会や食事に誘われた時に財布にお金が1000円しか入っていない・・・近所のコンビニATMでお金を降ろさなきゃ・・・という時に、銀行で引き出すのではなくは、カードローンで借りるんです。

そして、翌日のランチタイムなどにコンビニATMでカードローンで借りた額を銀行口座から引き落として(この時間帯なら手数料無料)、すぐにカードローンで借りたお金を返済してしまうのです。

これだと、1日だけカードローンでお金を借りたことになります。つまり、カードローンで借りたお金にかかる利息は1日分ということです。

今のカードローンはどんなに金利が高くでも18%です。

たとえば、金利18%で1万円を借りて翌日に返済した場合の利息はたったの4円です。(10000 × 0.18 ÷ 365 × 1 = 4.931...)

コンビニATMの時間外手数料は108円なので、カードローンなら27分の1の手数料で済むということです。

どう考えても、カードローンで借りて翌日返済の方がお得ですよね。

では、「カードローンで借りて翌日返済」する方法が、時間外手数料を払ってまでコンビニATMでお金を引き出すよりもお得なのはいくらまでなのか検証してみたいと思います。

ちなみに、カードローンの利息の計算方法は「利息額 = 利用金額 × 金利 ÷ 365日 × 利用日数」です。

カードローンで翌日返済した場合の利息額
利用金額 金利 利用日数 利息額
1万円 18.0% 1日 4円
2万円 9円
3万円 14円
4万円 19円
5万円 24円
10万円 49円
15万円 73円
20万円 98円
21万円 103円
22万円 108円
23万円 113円
24万円 118円
25万円 123円
30万円 147円
40万円 197円
50万円 246円

上記のように、22万円借りて利息が108円になるので、21万円までだったらカードローンで借りて翌日返済した方が手数料的にはお得ということになります。

もちろん、ここでは最大金利の18%で計算しているので、もっと低い金利で借りられたらもっと多くのお金をカードローンで借りても、翌日返済すればATM時間外手数料よりもお得ということです。

これはあまり知られていない方法です。ある意味、盲点的な手法であり、賢い人だけがやっている方法と言えます。

普段、何も考えずに払っている108円というATM時間外手数料は、カードローンでは22万円を借りるだけの価値のある手数料だということを頭の片隅に置いておくといいでしょう。

22万円あれば、5つ星ホテルのスイートルームも宿泊できちゃいますからね。

コンビニATMで時間外手数料を払ってお金を引き出すより、カードローンで借りた方がお得な理由は以上の通りです。

では、オススメのカードローンを紹介します!

コンビニATMよりオススメなカードローン

ATMの手数料よりカードローンの利息の方が安い!

カードローンでもどれでもいいかといったら、そういうワケではありません。

まずは、セブンイレブンやローソン、ファミマ、サークルK、ミニストップといったコンビニで引き落とせるカードローンを使うべきです。

そうなると、自然と大手カードローン会社ということになります。プロミスアコムといった大手ですね。この2社は30日間無利息サービスがあるので特にオススメです。

翌日返済しなくても、30日以内に返済すれば無利息でお金が借りられるということですから。

あとは、ネットバンクのカードローンは低金利なのでオススメです。ネットバンクは店舗というコストがかかっていないので、そのぶん低金利の恩恵を受けることができます。

また、ここ数年で個人融資に力を入れている地方銀行もオススメです。たとえば、スルガ銀行は個人融資に非常に力を入れているため、銀行の割には審査が早いです。

「カードローンでお金を借りる」というと世間的にはマイナスイメージがあるかもしれませんが、コンビニATMで時間外手数料を払いながら自分のお金を引き出している方がよほどマイナスですからね。。

お金って毎日使うものだから、賢く付き合いたいものです。

30日間無利息サービスあり
会社名 実質年率/
最高融資額
特徴
プロミス »
4.5%〜17.8%
500万円
三井住友フィナンシャルグループ

Web完結なら即日融資も可能、家族にバレずに借りられる。
はじめてなら30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも審査のうえ契約可能。
プロミス レディース »

<女性専用>
アコム »
4.7%〜18.0%
500万円
三菱UFJファイナンシャル・グループ

初めての方なら30日間無利息
最短30分で審査回答。即日融資も可能。

主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。

低金利で個人融資に積極的な銀行カードローン
会社名 実質年率/
最高融資額
特徴
スルガ銀行 »
3.9%〜14.9%

800万円
最短1分スピード回答、30分で契約完了。
平日昼までに契約完了なら夕方までに融資可能。
申込はWeb完結、来店・書類の郵送不要。
500万円までなら収入証明書が不要。
月3000円からゆとりの返済。
ジャパンネット銀行 »
2.5%〜18.0%

1000万円
300万円まで収入証明書が原則不要。
ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら融資最短60分。
初めての人は30日間無利息。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
イオン銀行 »
3.8%〜13.8%

800万円
300万円までなら運転免許証や保険証といった本人確認書類のみで申込可能。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
専業主婦でも旦那に収入があれば申込可能。
イオン銀行のネットフリーローン
4.8%〜13.5%

700万円
来店不要。
300万円まで年収確認書類が原則不要。
使いみち自由。資金使途を問わず、まとまった金額の融資が可能。
前年度収入が200万円以上ある人向け。

メガバンクのATM手数料

なんで自分のお金を引き出すだけなのに手数料が取られるの?

最後にメガバンク(三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行)のATM手数料が書いてあるページのリンクをまとめておきます。

それにしても、自分のお金を引き出すのに手数料を取られるって、よくよく考えると不思議ですよね。

なんで、自分のお金を引き出すのに手数料を取られなくてはいけないのでしょうか?

銀行は我々預金者が預金したお金を企業に貸し出したりして利息で儲けているのに。

我々預金者が銀行にお金を預けなかったら、銀行は潰れてしまうのに。

コンビニもATMの手数料でかなり儲けているようですからね。コンビニって「コンビニという顔をした銀行」という側面も持っているので付き合い方には注意した方がいいです。

ATMの時間外手数料なんて払っているうちは、一生お金なんて貯まりませんよ。


30日間無利息だから手数料0円でお得 »