家族や友達との大切な思い出を写真集に!

デジカメ写真を1冊の本に!

最近は高性能だけど安いデジカメのおかげで、プロ写真家じゃなくてもプロっぽい写真が撮れるようになりました!

でも、デジタル写真の場合、SDカードなどをパソコンに取り込んで見るしかありません。

しかも、フィルムカメラと違って何枚も撮れてしまうので、大量の枚数になってしまいます。

そんな大量の写真を画面で見るのって辛くないですか?

どうせなら、良く撮れた写真は印刷して1冊に本にしませんか?

写真を印刷した本をリビングに置いておけば、いつでも誰でも見ることができます!パソコンを開かなくても見ることができます!

お子さんがいる家庭なら、子供の成長を1年ごとに本にすれば、かけがえのない宝物になりますよ(^_^)

今、子供の写真や結婚式の写真をフォトブックにするのが人気です!

フォトブックをランキング形式で比較!

フォトブックは最近すごく人気で利用者が急増しています。それに伴い、フォトブックサービスを提供する業者も増えています。

そこで、各社フォトブックのサービス面や料金を比較してみたいと思います。

一番人気で安いのはどこでしょうか?オススメのフォトブックをランキング形式で比較したいと思います!どこもだいたい注文してから1週間くらいで届きますよ。

ランキング1位
フォトブックの老舗
MyBook
価格 特徴
945円〜24,045円(送料420円) 世界各国のプロフォトグラファーも利用しているフォトブックの老舗。無料編集ソフト「MyBookEditor4」をダウンロードして作成。デザインは52種類。書店に負けない写真集を作りたい人にオススメ。
ページ数
10〜100ページ
サイズ
●正方形(130x130mm〜305x305mm)
●縦長(210x148mm〜297x210mm)
●横長(148x210mm〜210x297mm)
ランキング2位
安さで選ぶならコレ
ビスタプリント
価格 特徴
600円〜960円(送料988〜2,957円) デザインテンプレートが約80種類以上でコラージュも選択可能。フォトブックでは最安値。送料はものによって違う。
ページ数
20ページ
サイズ
●小(102x140mm)
●大(140x192mm)
ランキング3位
簡単さで選ぶならコレ
かんたんMyBook
価格 特徴
1,470円〜12,600円(送料420円) 写真をアップロードして、好きなデザインテーマを選ぶだけで写真集が作れる。難しいことをしたくない人にオススメ。
ページ数
10〜80ページ
サイズ
●大(210x210mm)
●中(180x180mm)
●小(124x124mm)
ランキング4位
急いでいるならコレ
しまうまプリント
価格 特徴
400〜1800円(送料70〜525円) 最短で当日、もしくは翌日発送なので急いでいる人にオススメ。
ページ数
36〜144ページ
サイズ
●文庫(105x148mm)
●A5スクエア(148x148mm)
●A5(148x210mm)
ランキング5位
クオリティにこだわりたいならコレ
フジフォトアルバム
価格 特徴
2,480円〜7,480円(送料900円) 銀塩写真で作るフォトアルバム。ページの真ん中に切れ目がない。見開きA3サイズの迫力の大伸ばしもOK!
ページ数
8〜48ページ
サイズ
●A4(297x210mm)
●B5(257x182mm)
●スクエア(210x210mm)
デパ帳
価格 特徴
2,700円〜6,900円(送料180〜525円) キャノンの最新型7色高画質印刷機でつくるフォトブック。2400dpiの高解像度印刷が可能。
ページ数
21〜101ページ
サイズ
●スタンダード/ミニ(172×121mm)
●スクエア/ミニ(147×146mm)
●スクエア(205×204mm)
●スクエア/ラージ(249×248mm)
●A4(204×289mm)
●A4/ワイド(289×204mm)
ネットプリントジャパン
価格 特徴
780円〜29,980円(送料90〜525円) iPhoneからもいつでもどこでもプリント注文できる。専用ソフトのインストールなし。
ページ数
10〜30ページ
サイズ
●正方形(140x140mm〜250x250mm)
●横長(150x210mm〜210x310mm)
●縦長(210x150mm〜300x210mm)
●プレミアム(250x250mm〜300x300mm)
らくらくフォトブック
価格 特徴
2,780円〜6,380円(150〜525円) 専用ソフトのインストールはなしで、ブラウザだけでフォトブックが作れる。選べるレイアウトは100種類。
ページ数
32ページまで
サイズ
●ましかく(166×166mm〜260×260mm)
●たてA5(203x144mm〜266×188mm)
●よこA5(144x203mm〜188×266mm)

友達の結婚式の写真を1冊の本

友達の結婚式に呼ばれたら、参加者ならではの視点で写真をいっぱい撮りましょう!

そして、その写真をフォトブックで1冊の本に印刷して、その友達に渡してあげたら、絶対に喜ばれるはずです。

結婚式ではたいていプロの写真家を雇っていますが、プロの写真家とは違う視点で撮影された本は、新郎新婦にはたまらないプレゼントになります。

実際、フォトブックを使ったこういったサプライズプレゼントは、最近人気のようですよ!

比較的安い価格でできるサプライズプレゼントですし、一生の思い出になります。

結婚式に参加した複数の友人同士でフォトブックを作りあって、複数の本をプレゼントするなんてサプライズもいいかもしれませんね!

赤ちゃんが生まれたら毎月1冊の写真集を作ろう!

独身時代にフォトブックを作った経験がある人は、結婚して赤ちゃんが生まれたら、毎日のように赤ちゃんの写真を撮って、その写真を1ヶ月おきにフォトブックで写真集にしている人もいます。

1年間で12冊の赤ちゃんの写真集ができるのです!

3年くらい続けたら、子供の成長本になりますね。

フォトブックは1冊の価格は安いので、どうせなら良いカメラを買ってプロ写真家になったつもりで自分の可愛い赤ん坊の写真を撮りたいですね!

どんなにたくさん撮っても見なければ意味がない

デジカメやスマホでいつもで誰でも簡単に写真が撮れるようになり、写真を撮ることが身近になりました。

昔ならフィルムの枚数や印刷コストを気にしてシャッターを押していましたが、今はパシャパシャと無意味に何枚も撮ってしまいますよね。

でも、どんなに撮影しても見なくなったら意味がありません。

写真は見てなんぼです。だから、フォトブックとして印刷して本という形にすることに意味があるのです。

本として印刷して、リビングにでも置いておけば、いつでも見ることができますし、お客さんが来た時にも話のネタになります。

ぜひフォトブックで一瞬の思い出を永遠の思い出に変えてくださいね!